今日は一日じゅう眠く、ダメな一日でした。

午後から仕事なので午前中はしっかり寝ておこうと思ったのですが、お盆まわりでお坊さんが来る日ということで早起きしなくてはならず・・・・

法事の準備はふつう奥さんがやらなきゃいけないのかもしれませんが、そんな泥の海にいる状態ですので、お経読むときだけ寝ながら同席しあとは別室で寝てました・・・。

午後の仕事もヒマさえあれば寝ている感じでした。眠いと、からだじゅうがむくんで、息切れして動きも鈍くなり、気分が暗くなり、肥り、肥り、顔はしおれ、地獄への道が続いているような気分になり、感情もとぎれ、言葉もとまってしまいます。

眠いのはとにかくダメです、すべてをネガティブにしてしまいます。

やはり可能な限り好きなだけの睡眠をとったほうがいいのでしょう。

渋谷で発車を待つ電車、急病人を救護していますとアナウンス。

いま

首都圏の糸は切られ

東京の和紙は破れ

誰かが誰かの手で

助けられています

すべての駅員さん乗務員さんが、よき睡眠を取れますように、と、祈っているまに、もうすでに眠くなってしまいました。

おやすみなさひ。