約見開き(2ページ)ごとの一言的感想です。ジャンプを読み読んでみて下さい。おながいします。


呼び方が様々。「ちゃん」は三人いる訳ですね。名字の呼び捨ての生煮さんがカッコ良いです。


凛とした扉絵。梟博士を擁護しようとするのは、めだかさんをショックにさせたくないからかな?別人…なんて線が思い浮かんだけど??


人との関わり方を考えれば、演技をしながら本性を隠すってのは大事かもしれない。「殺す」、「死ぬ」というのは生命的なモノじゃないのか…。花咲爺さんは、雑談をする人じゃあない。


機先を制する。相手の気持ちが分からないとカウンターはできないのか…。生煮さんのボケっぱなしが面白い。鴎君、心を読んでいる。。。


防御…。攻撃の反射のダメージも不可逆なのか…。安心院さんも攻撃が協力だったから??一撃勝負の約束か…。言彦が反故にしない可能性はないように思えるけど??


めだかさんの方が一枚上手…という感じか…。球磨川禊の言葉が分からん。生徒会戦挙の時って、そんなルールだったっけ??


黒神ファントム…。同じ技で色んなバージョンがあるんだな…。スタイルは敵の隙も見つけるのか…。生煮さんは何に気付いたのか!?


ザ・ワールドみたいだ…。一見、傷が治った箇所もあるように思えるけど??


この4ページが凄かった。このページの使い方は中々できないな…。しかし、まさかの展開…。


理想的の強要と、妄信的な期待…。すげぇな。『めだかボックス』。行くところまで行く…。めだか、散る―!?