25周年を記念して作られた、

ハロウィンのアコースティック・アルバムからの紹介です。

 

「The Keepers Trilogy」は、なんとですね、17分に及ぶ大作で、

「Halloween」→ 「Keeper of the Seven Keys」→「The King for a 1000 Years」

のメドレー形式となってます。

 

17分に及ぶ大作ながら、一気に聴くことができるのは、

単に原曲がいい、というだけではないはず。

 

オーケストラのアレンジが隅々まで丁寧に装飾され、

優雅で壮大な新たなキーパー・メタルが聴ける。

「美しい」の一言に尽きる。

 

人を選ぶアルバムだけど、「The Keepers Trilogy」だけは、

ファン必聴ですよぉ。

 

この曲は、アンディが、無理のないスタイルの歌唱法をとっている。

のも大きいかな。

キスク意識してハイトーンに拘ったら、台無しになってただろうし。

 

ただしですね、この曲のためだけにアルバムを買うのは、

ちょっと考え物かも。

購入を検討するなら、他の楽曲も視聴した方がいいかな。

You Tubeにもアップされてるので。

 

「The Keepers Trilogy」以外では、

ピアノでアレンジされた「Forever & One」がオキニです。

 

The Keepers Trilogyの視聴