目が痛いとき

文字の大きさテキストの拡大テキストの縮小 

目周囲や眼球への異物や、化学薬品、薬物、洗剤が入ったり、打撲したりした場合にどうしたらよいでしょうか

目に化学物質などが入った場合

大至急(2~3分以内)目を洗う。

10分以上洗って眼科受診。

まず、薬品を薄めることが大切。水道水をシャワーかホースで、大きく目を開けたまま目に水をかけ続ける。10分以上洗ってから、眼科受診してください。

シャワーなどが無い→

充分に洗顔して顔とまぶたの化学物質を取り除き、次に洗面器に水道水をいれ、まばたきを繰り返す。アルカリ性の薬品などは特に毒性が強く、数分で将来、視力がおちるかどうか決まります。すぐ充分に水道水で洗ってから、眼科を受診してください。

異物(ごみ、鉄片など)が目に入った場合

目をこすらない。至急眼科受診。(失明もあり)

目(まぶた)をこすると角膜(黒目)に傷がつきます。

金づちで釘を打っていて、又はハンマーで石などを打っていて何か目に入ったとき、石ではなく釘やハンマーの鉄片が眼内に入った可能性が高い。放置すると失明。痛みが無くても、至急受診してください。異物が表層を貫通して眼内に入ると、かえって痛みが少ないが重症です。

草刈機で刃が石に当たった時→石ではなく、刃のかけらが眼内に入り重症の可能性があります。

コンタクトレンズによる障害

充血、ゴロゴロ感
→コンタクトレンズを中止。念のため眼科受診

薄く大変装用感が良い使い捨てコンタクトレンズ(ソフトレンズ)が急速にふえました。ソフトレンズは、たとえ角膜に傷や炎症があっても痛みや充血が少ないので、充血,ゴロゴロ感があればコンタクトを中止。眼科受診してください。

入れたはずのコンタクトレンズが見つからない。
破損したかけらが見つからない
→あせらなくてもよい。

痛みがなければ、結膜が切れていたなど特別の場合以外は眼球の後ろには移動しないので、あせらなくてもよろしいかと思います。

眼球打撲および眼周囲の打撲

→症状がなくても眼科受診(失明することも)

眼圧が上がって後、網膜剥離がおき視力がおちることがあります。物が2つに見える場合、手術が必要になることがあります。まゆ毛周囲の骨ばった部位などを打った時は、骨折が視神経に及び、失明することも。

乳幼児→放置しないで眼科受診。

視力が低下したことがわからない乳幼児は特に眼科受診が必要です。

※情報利用に当たってご注意いただきたいこと:

病気の診断、治療、その他医学的分野において、掲載した情報の内容が必ずしも全ての方に有効とは限りません。万一、情報の利用の結果、利用者において不都合、不利益が発生することがあっても、当医師会では最終的な責任は負えないことをご了解の上、慎重に利用いただきますようお願いします。